mv

USEDのスーツならプロパーの何倍も楽しめます

USEDのスーツを購入するなんて発想は、一昔前ならヴィンテージの世界以外ではなかなか利用者がいないものでしたが、最近ではそのジャンル専門の業者もおり一般のビジネスマンの客層でもそういうアイテムを上手に利用しています。
まず先入観を持って考えるとUSEDイコール中古品ということですから、そのコンディションの問題はかなり神経質にならざるをえません。
これを例えば通販のサイトなどで探そうとしますと、ほとんどオークションで落札するリスクに近いものを背負うことになります。
ヴィンテージの世界ならば、そういったコンディションの問題はついて回る話なので買う側もある程度の許容範囲は承知の上で検討することに慣れているはずですが、ことスーツ、それも仕事着のビジネススーツともなりますと程度の良し悪しは当然最重要なポイントになります。

オークションなどでは出品者の私情も挟んだうえでのコメントをどう判断して買うか、それに尽きると思いますが、ビジネス用のスーツを購入したい客層とそれを満足させなくてはいけない販売業者の信頼関係を築いていくのはたいへんで、業者のUSED商品に対する深い知識と購入希望者に対して細かな配慮の利いたサービスは不可欠になってきます。
しかしその点をクリアできるなら双方にとって大きなメリットもあります。
まず業者には仕入れルートが確立できるかにも左右されますが、商材さえあれば一人あたり何着も必要とするアイテムであることを考えると、リピーターは確保しやすいジャンルですし、そのリピーターがサイズが変わる度に買い替えすることも考えられます。
客側からのメリットは市場価格の1~2割の価格で上等なスーツが手に入るという点。
それも量販店の物ではなく高級店発信のブランドも多く含まれますので、それがリーズナブルに購入できるということで大きな節約にもなります。
まだまだその分野のUSEDアイテムが一般に浸透するのは多少時間が掛かると想像しますが、古着を着ることに抵抗の無い世代が中心になる時代ですのでそれほど困難なことでもないように考えられます。